FX 注文がすべる業者

注文がすべる原因は、スリップページと約定力

注文がなぜか滑る原因は、スリップページの甘さと約定力の弱さです。
スリップページとは、決済注文をしたレートから少しずれたレートで約定してしまうことで、FX業者のサーバが弱さなどに関係があります。
会社によっては、スリップページの設定ができ、許容範囲を決定、許容外の場合は、約定させないということも可能です。
ただ、損切りにしろ利益確定にしろ、注文が決まらないのは、当然問題ですね。
約定力は、スリップページとも綿密に関わってきます。注文が実際に執行されるかどうかがですね。
約定力の高さを決めるには、カバー業者の多さと、サーバで決まり、当然、コストがかかることですから、必然的に、大手業者が強くなってきます。
低スプレッド業者も増えてきましたが、スリップページが発生すれば、低スプレッドの意味がありません。
ある程度のスプレッドであれば、約定力の高い業者を選ぶ方がトータルコストは安くなりますね。

最悪のケースはレートずらし

スリップページや約定力の弱さについては、米雇用統計などの急変動では、しょうがない部分もあり、業者の企業努力次第ですが、最悪なのが、意図的にすべらせる業者があるのでは?という問題です。
なぜ、こういう業者が存在するかかというと、相対取引においては、業者は、顧客が損をした方が、利益になるという理由からです。
そういう業者は、まれなのですが、下記の図のように、自分の取引口座だけ、なぜか下げ幅が大きい、異常な下ヒゲが出ているという場合があると、レート操作の疑いを持った方が良いかもしれません。

上場会社の安心感!すべらないことで評判のひまわり証券

すべらないことで評価の高いのが、ひまわり証券です。
紹介ページを見ればわかるのですが、スリップページなし、約定率100%をうたっています。
日本で一番最初に、FX取引をはじめた老舗で、上場会社の安心感もあります。
また、FX先生をはじめとする著名なトレーダーから、おすすめの業者とのお墨付きもあります。
あなたの口座が注文がすべる会社かもしれないと感じたら、ひまわり証券に変えるだけで、収益が向上するかも知れません。

約定力100%!すべらない!
スリップページ発生ナシ!
上場会社の安心感!


約定力で選ぶなら!
↓↓↓↓↓↓

FXリンク